今はDF特化回復有利の時代

GP2ndが終わってから、タイトルの通りDF特化の回復デッキがやたら強くなりました。

ミッドイベ終了時点までは、回復ASに対して有効と言われているパンプアップで五分五分、または若干パンプアップ有利という状況だったのですが、GP2ndで追加されたカードによってバランスが変わりました。

原因は主にこの方々。

20130805_01.jpg

黒ザフィはBSは弱いのですが、ステータスがDF特化を加速させる素晴らしいものになっており、もはや必須カードにまでなっています。

それより問題児なのは、HR赤ヴィータ!
DF15000オーバーな上、BSが貫通15000ダメージ!
このDF型ステータスなのに貫通ダメ持ち、というものが非常に厄介な存在です。

DF型のデッキを作る場合に一番ネックになってくるのが、相手との体力差をどうつけるか、という部分になります。
ですのでメディシャマみたいに「倍化攻撃+回復」という複合型のASは結構強いんですよねー
そこに更にBSでも体力を削りにくるカードが増えたことで、有利な方向へ一気に進みました。

また、DF特化向けのカードが増えたことでBSが低くてもかなり戦えます。
強めの回復ASを用意して、残りはDFボーナスのみ振ったDF特化カードを4枚揃えるだけで、上位相手でもかなり勝てる状態になってきています。


こりゃあ超火力好きの私としては、あまりおいしくない展開です。

次のインダスイベで、ぜひ超火力型のカード追加をば!!!


あ、DF特化用には、こちらもオススメです。

20130805_02.jpg

ただしBSが残念なので、これを入れるんだったら金王ちゃまの方が良いでしょうね。


最後におまけで残りのヴィータさん。

20130805_03.jpg

この2枚は完全にパンプアップ用なのですが、白HRヴィータは防御特化デッキに入れても十分強いです。
貫通BS持ちでDF高めというのは、それだけでかなりの需要があるんですよねー



SLBでもブチ抜けないDF特化デッキがいるこんな世の中じゃ…ポイズン

スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。